読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むきだしのことば。

東京に住む初心者ママの育児ブログ。自分が体験したことだけをそのまま書きます。

不妊治療クリニックで、不妊治療の本気について、ぼんやりと考えてみた。

不妊治療
スポンサードリンク

不妊治療で有名な病院の待合室にいる。

ホテルのような高級感のある待合ラウンジ。
濃いブラウンとアイボリーで統一され、クラシックが流れる。
居心地はよいものの、土日は大混雑。50人以上が待っていて、座る椅子も足りない。
だからといって、誰もイライラせず。
ただし、みんな無表情。
 
夫婦で来ているのは5組くらい。
あとは、みんな女性一人できている。
ハイヒールの人がいないのが特徴。
妊活ファッションは、ゆるくあたたかく、が基本だから。
 
今日の私のナンバーは、124.
受付で割り振られる番号で呼び出される仕組み。
ちなみに、1時間半待っているが、呼び出しボードには85番から113番まで。
まだまだ時間がかかりそう。
 
こんなにもたくさんの人が、不妊治療に大金を投じている。
なのに、少子化って、何なんだろう。
こんなに、子供が欲しいのにね。
授かりものだけど、そう簡単にはうまくいかない。
 
不妊治療には、ざっくりわけて3つのステップがある。
・妊娠しやすいタイミングを計ってセックスするタイミング法
・妊娠しやすいタイミングに、病院で精子を子宮に送り込む人口受精
・採卵して、体外で精子と受精させて、そのあと子宮に戻す体外受精
 
細かく分けるともっと細分化されるんだけど、ざっくりそんな感じ。
 
ちなみに、私は体外受精フェーズ。
体外受精でも1回失敗している。
だけどそんなに深刻ではなく、わりとあっけらかんとしている。
 
まだ全然希望があるような気がして、こうやって病院に並んでいる。
 
仕事はわりと忙しい方だし、年齢は33歳。そんなに余裕は無いはずだけれど。
 
ここにいるたくさんの女性が、それぞれいろんな状態で、いろんな悩みを抱えている。
と思うと、なんとなくだけど、勇気付けられる。
 
待ちくたびれすぎて、喧嘩してる夫婦が
いたりすると、さすがにイラっとしますけど。
どんな気持ちで、みんながここにいると思っているのか。
そんなことで喧嘩するなら、別の病院に行くか、自宅でセックスでもしてろ。と悪態をつきたくなる。
 
なんでだろうね?
本気の人だけがいる場所。
だと思ってるからか。
 
不妊治療の本気ってなんだろ。w
 
そんなことを考えながら、まだまだ順番は遠い。。。