むきだしのことば。

東京に住む初心者ママの育児ブログ。不妊治療〜出産〜育児の記録です。

不妊治療と婚活と不妊様の関係。

スポンサードリンク
午前休をとって、産婦人科へ。
今週期の採卵に向けて、血液検査など。

日曜日に比べれば、とても空いているけれど、30人くらいは待っているかな。

不妊治療という言葉には、不妊で悩む人たちは、いろんな想いがある。

不妊ではなく、未妊と言ったり。
体外受精で出産された東尾理子さんは、TGPという前向きな言葉を作り広めています。

不妊の『不』はネガティブだから、TGP(=Trying to Get Pregnant。”妊娠しようとがんばっている”の意。理子さんの造語)って言っています」

ポジティブな言葉の方がいいなって、思うけれど、私としては、このことについてはどの表現でもいいやって思っている。

明るい言葉を使っても、ネガティヴな気持ちな人は、苦しいだろうし。
もちろん言葉の力って強いと思うから、ポジティブな言葉の方が良いとは思う。

一方で、すごーくネガティヴというか、マイナスな言葉も存在します。

不妊様って言葉、ご存知ですか??
他人の妊娠を妬んだり。
妊活のための行動で、周りに迷惑をかけ、自分は優遇されて当然だと思ったり。

そして、自分は不妊様なのではないかと落ち込んだり。

私的には、全部あるあるで、気持ちはすごくわかる。

ただ、恋愛とか結婚だってなんだって同じだったと思うんだよね。

女ってさ、そういう生き物なんですよ。

しゃーないよね。


でもね、例えば婚活してる女性に、なんで結婚できないの?って聞かないじゃないですか。

妊活も似たようなところがあるので、一か月に数日連続で病院にいったりしてる既婚女性がいたら、干渉せずに、気にせずそっとしておいてくださいな。