むきだしのことば。

東京に住む初心者ママの育児ブログ。自分が体験したことだけをそのまま書きます。

杉山産婦人科にて2回目の採卵。

スポンサードリンク

本日は、杉山産婦人科で二回目の採卵。

一昨日の指定時間に、ブセレキュアのスプレーを二回できたかの確認。
 
そして、さっそく内診へ。
卵がちゃんと育ってるか。
わたしは、子宮内膜症で、チョコがたくさんあるので、採卵できる場所に卵ができないと採卵ができない。
何よりもそれが心配!
 
そして、予感的中!
うーん、チョコの横に小さな卵胞ひとつ。
取れないかもしれない。とのこと。
 
寝室台の傾きと、お腹の押し方によっては取れるかもしれないので、それを了承いただいた上で、採卵に行ってもらえますか?
 
とのこと。
 
は、はい。。。と、ちょっとドキドキしながら、採卵へ。
 
採卵のためのお部屋は二階にあるので、二階へ移動。
カーテンで仕切られたリクライニングソファのあるお部屋は、4人兼用。
狭いけど、綺麗だし、看護師さんの気配りも優しいし、快適です。
下着を全てとって着替えると名前が呼ばれて、いよいよ採卵のために術室へ。
 
杉山産婦人科の手術室は、明るくて綺麗。
椅子に座ると、丁寧に大きなバスタオルをかけてくれて、足を固定される。
 
採卵できるのかなー?とドキドキするわたし。
 
先生が、これがチョコでここに卵ありますね。と言いながら、さくさくと進める。
助手さんが、お腹をぐーっと押して、卵を、とりやすい位置に。
 
ううあうう。
今日は、前回と違ってめっちゃ痛い。
 
はい、とれましたよー。の声もなく、あったのかもしれませんが、何がおきてるのかわからずも、痛みに耐えるわたし。
 
では、止血しますねー。と、ぐーっと圧迫止血。
ぶっちゃけ、これが一番痛かった。。
思わず、い、いたいですーっと言ってしまった。
 
力抜いてねー。圧迫止血だから、しかたないよー。と言う先生。
 
看護師さんが、すかさず寄ってきて、大丈夫ですかー?深呼吸しましょう。と言ってくれる。
天使だわ!と、癒されて一瞬痛みを忘れたw
 
そして、止血が終わると、なんの痛みもなし!
ありがとうございます!と心の底からw
 
きっと採卵できたんだよね?
じゃなかったら、こんなに手術しないよね?と思いながら、聞けずに着替えへw
30分くらい安静に。とのことで、リクライニングチェア戻りカーテンを閉める。
旦那へLINEする。
そしたら、急に涙がボロボロでてきて、泣いてしまった。
 
痛かった。採卵できたと思う安堵からだと思う。
 
ちょっと泣いてすっきりしたら、元気になり、着替えてナースコール。
 
そして、先生のところでお話を。
 
よかった!採卵できてました!
 
見た感じは、良さそう。と言っていただけて、嬉しいわたし。
 
精子くんも問題なし!
ということで、自然に受精をさせることに。
 
あと、今回、アシストハッチングとヒアルロン酸の追加をするか決めてね。と院長先生から言われていました。
 
ざっくり言うと着床率高めるためのオプションです。プラス3万円。
 
デメリットはあるんですか?と聞いたら、デメリットはないとのこと。
 
デメリットないなら、やります!!!
ということで、お願いしました。
 
 そして、すべて終了してお会計へ。
約35万!
 
あとは、明日のお昼に病院へ電話して、受精確認。
うまく受精すれば、3日後に移植です!
 
卵ちゃんと精子くん、がんばれー!!