むきだしのことば。

東京に住む初心者ママの育児ブログ。自分が体験したことだけをそのまま書きます。

仕事をしたい人間と仕事をしたくない人間。

スポンサードリンク
妊活のための休職、妊娠しての休職、育児のための休職などなど、妊活してると、いろいろ意識することがある。
 
f:id:mykotoba:20160310201346j:image
 
三年前に仕事のストレスで、細かい色々な体調不良がおきたことがある。
人手不足と、売上不振と、営業マンとしての意地などで、ぐちゃぐちゃになっていた。
そうしたら、仕事中に蕁麻疹が出るようになって、呼吸が苦しく、咳が止まらなくなった。
病院ではアレルギー性喘息と診断されて、しばらく薬でおさえていた。
 
妊活もしていたので、もうこんなんじゃ、絶対赤ちゃんは来てくれない。と思い、仕事を辞めるかを本気で悩んだ。
 
結果、会社のTOPに相談をし、別の部署に異動させてもらえることになり、気持ちを変えて新しい仕事をはじめた。
そこから、ぴたりとアレルギーは止まった。
 
それ以来、病は気からだなと思うし、仕事を辞めたら妊娠できるかもなと思っていました。
 
だけど、やはりまた仕事が面白くて、辞めるか悩みながらも、結局仕事に夢中になっています。今もね。
 
そして、旦那と今後の仕事について話していて。
 
世の中には、仕事をしたい人間と、
できれば、仕事をしたくない人間がいる。
という話になり、わたしは、自分自身が仕事をしたい人間だと、改めて認識した。
 
だらだらぐうたらの極みで、連休大好き、仕事行きたくない。
ですが、仕事は楽しい。
 
子供ができたら、仕事との向き合い方は変わると思う。
 
もともと、専業主婦でいつも母が家にいる環境で育ったわたしは、なるべく子供の側にいたいと思うだろう。
 
それでも、仕事をするような気がする。
 
「保育園落ちた!日本死ね」というブログが話題になりましたが、環境もそうですが、自分らしい働き方を、きちんと構築していきたい。
 
キャリアについて、真剣に考え続ける30代です。