読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むきだしのことば。

妊活・マタニティ・育児ブログ。「毎日を、楽に楽しく生きる。」34歳、ぐうたら主婦ブログ。不妊治療

妊婦が考える「子育てと仕事」について。

妊娠-安定期 妊娠-初期
スポンサードリンク

妊婦が考える「出産後の子育てと仕事」について

わたしは仕事をしていたい人間なので、できれば職場復帰するつもりです。会社には働くママさん多いから大丈夫。ただ、その時になってみないとわからないことも多いので、その都度その都度、判断していくつもりです。
 
ただ、この前、別のチームを率いてる同僚と雑談をしていて、時短勤務のママが増えたことが話題になり「正社員だと人件費高いんだよなぁ。。」という言葉が、ずーんと心に沁みたよね。 ※この同僚は、わたしが妊娠していいることをまだ知りません。

 

退職して、バイトで復帰するママスタッフもいるし、辞めずに復職するママスタッフもいる。もちろん、それぞれの心構えや、ライフスタイル、働く時間や内容は違うんだけど、管理側からするとコストが大きく違う。
わたしは、子育てをしながら、納得の行くパフォーマンスがだせるのか?
 
これは、妊娠したからどうのって話ではなくていつだって同じ。時短勤務とかだとフォーカスされるだけ。
だって、フルタイムで働いてるのに、ほぼ役に立ってない人、仕事への熱意がない人、無能な人、むしろ邪魔な人が、必ずどこにでもいるでしょ。
 
とはいえ、もちろん仕事はチームワークだと思っていて、誰だって苦手分・野得意分野があるのだから、チームで良い仕事ができれば良い。ということは、例えば時短勤務とか、休みがちになることが多いとしても、良いパフォーマンスが出せれば良いってことか。
 

仕事ができない人間が多いこと多いこと

使えない会社員ってどこにでもいると思うけど、最悪なのは、仕事は与えてもらって当然。指示がないからやらないだけで、自分は悪くない。とかって思ってる人。
で、仕事ふるとやり方全て指示しないと、何もできない。もしかは、言ったこともやれずミスをする。そして、自分が悪いのではなく、指示が悪いみたいな顔する。
最悪だ。
マネジメントができてる、できてないって話は一旦おいとくね。わたしは、残念ながら、管理職じゃないから。
 
で、下を見てもしょーがないけど、自分が妊娠出産して、今までよりは仕事に向かう時間に制限できたとしても、少なくともそいつらよりは良いパフォーマンス出せるでしょう。
って考えたら、ちょっと気持ちがスッキリ。
 

お腹の中で命育てているってすごい。

で、そんなことを考えながら、新規事業のプレゼンを聞いていて、「こうやって新しくビジネスを起こして、バリバリやっていくのは、今のわたしには無理かも。この人はすごいな。」っちょっとネガティブな気持ちになっていたんだけど。
急に神のお告げみたいに「今は、ビジネスに全力投球できないけど、でも、わたしってば、お腹の中で命育てているって、めっちゃすごくない?」って思ったw
 

f:id:mykotoba:20160521191129j:plain

 
なんか、すごく目の前が開けた気がした。これって、母は強しみたいなことなんでしょうか?違うか。
 
改めて、自分のライフプラン・キャリアプランをイメージしてみる。
妊娠・出産をきっかけに、また違うステージで動き出せばいいだけのこと。
そして、そこには正解があるわけではなくて、自分が選んだ道が正解だってこと。
 
もし、同じように悩んでいる働く妊婦さん、前向きにいきましょうー!