むきだしのことば。

ママブロガーえむの「子育て、ときどき、お金のこと。」不妊治療〜出産〜育児について、赤裸々に書いてます。

子供を産んで、自由になった。

スポンサードリンク

あと2-3日で認可保育園の結果が出ます。
その前に、今の気持ちを書き残しておきたいなと思ったので、吐き出します。
ちょっとポエムみたいになって恥ずかしいけどw

子供を産んで、自由になった。

f:id:mykotoba:20170925132113j:plain


‪子供を産んで、私の自由は奪われるかと思ってたけど、逆だった!‬
‪もちろん、自由時間は殆ど無いのだけれど、どんな生き方も選択できる。
(前提として恵まれた環境にいるから、そう思えるんだけどね。)

 

会社員として毎日を過ごすことに、疑問すらなかった。
毎日残業して、家でも仕事して、深夜まで酒を飲み、休みは寝て過ごす。
仕事もプライベートも楽しかったけど、仕事するためのプライベートだった。

不妊治療時代は、いろいろなものに追い詰められていた。
今思えば、追い込んでいたのは、自分自身だった。

産休に入り、自由な時間が増えた。
期待に胸をふくらませつつ、不安定な体調でゆっくり過ごした。

ブログを書いたり、クラウドソーシング使って、小銭を稼いだ。楽しかった。
そういう生き方もあるよねと思った。

 

f:id:mykotoba:20170224224237j:plain

子供が生まれた。
とにかくあっという間に時間はすぎ、寝不足でイライラして、フラフラだった。
怒涛の1年が過ぎて、子供が1歳になった。
夜もまとめて寝てくれるようになって、私の生活も少し落ち着いた。


保育園に入れるのか?
保育園激戦区に住んでいる。あと数日で認可保育園の結果が出る。
希望園を20以上出したけど、入れない可能性が高い。

認可外保育園を、いくつか回ったけれど、それも激戦で抑えられていない。
正直、保活はそこまで頑張っていない。
保活で消耗することを望まなかったから。

復職どうする?
保育園に入れなければ、正社員は辞めざるを得ないと思っている。
そうなったら、それでもいいと、今は思っている。
(保育園には入れないから、やむを得なくて正社員をやめるっていうのは、本当はすごく嫌だけど)

残念ながら、経済的にはさほど自由ではない(笑)
だから、何かしらの仕事は続けると思う
ネットのある時代でよかった。
考えて努力さえすれば、収入源は、いくらでもある。


子供がいるから、わたしは強くなった。

わたしは、もう35歳だけど、まだまだ何者にだってなれる。
自分の中心は、自分ではなくて、子供に変わった。
だから強い。 

彼が幸せでいられるために、私は自分を犠牲にすることなく、何者にだってなれる。