読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むきだしのことば。

妊活・マタニティ・育児ブログ。「毎日を、楽に楽しく生きる。」34歳、ぐうたら主婦ブログ。不妊治療

私がマタニティマークをつけられない臆病な理由。

妊娠-安定期 妊娠-兆候 妊娠-初期 妊娠
スポンサードリンク

妊娠14週にはいりました。つわりも落ち着いてきて、なんとか普通に仕事ができています。とはいえ、土日は頭痛でダウンしてたんですけどね。。さて、今日は、マタニティマークについて書きたいと思います。
妊娠14週の私ですが、マタニティマークをつけられません。その臆病な理由について、書いてみます。

 

マタニティマークは、いつもらえる?

妊娠がわかり、母子手帳をもらう段階ではマタニティマークをもらいます。またマタニティ向け雑誌の付録などでもついてきますね。
マタニティマークは、妊娠初期の周りからは妊婦だと気付かれにくい時期などにつけておくことで、妊婦だということを周りに伝えるために存在しています。2006年からスタートし、今ではかなりの認知度ですね。
 

マタニティマークは、いつからつける?

ということで、妊娠初期こそマタニティマークをつけるべき!ですね。妊娠後期には、マタニティマークをつけなくても、お腹が大きくなっているので妊娠していることは周囲にもわかります。
妊娠初期は、本当に体調が不安定で、ずっと気持ち悪かったり、すごくすごく疲れやすかったり、めまいがおきたり。つわりが酷い方はもちろん、つわりが軽くてもいろいろと大変です。
私は、全体的には、つわりはそんなに重くはなかったと思うのですが、それでも起き上がれずに仕事を休む日もありました。。もちろん、もっともっと軽い人もいるのでしょうが。
デスクワークは問題なくできるのですが、出勤などの移動がとにかく辛かった。
 

マタニティマークがつけられない!

f:id:mykotoba:20160516145818j:image
でも、マタニティマークは、まだつけていません。。。なんだか恥ずかしくてつけられない。と、もらった当初は思っていました。
正確には、席を譲られるのが恥ずかしくて。人見知りで、知らない人に話しかけられるなんて、ドキドキしてしまう!ましてや、通勤中とかは特に。
 
あと、安定期までは会社の同僚とかにまだ言ってない場合が多いと思うのですが、皆さんどうしてるのでしょ?会社につく前に、外してしまうの?バッグの中にいれるのかな?
 
私は、最近やっとバッグの中につけはじめましたwいざというときは、ぺろっとバッグの外に出せるようにしています。
もしも、何かあった時に、すぐに妊婦と知らせた方が良い。というのが理由です。
電車で席を譲ってもらう必要はないけれど、もしも貧血で倒れた時に、妊婦だってことは知らせないといかん。と、思ったからです。
で、やっぱりなんとなくマタニティマークをつけるのに抵抗があるのって、ネガティヴな話をネットで見ちゃってるからなんですよね。
 

マタニティマークの危険性

マタニティマークをつけていると危険や悪意に晒されることもある。と、ネットでよく見かけます。
全て事実かどうかはわかりませんが、いろいろな人がいるので、当然そういうこともあるでしょう。
 
・通勤電車で暴言を浴びせられる
妊婦が乗ってくるな。とか、タクシー使えよ。とか、そういう類の暴言。
 
これは、250パーセント暴言を吐いた奴が間違ってます。お前と同じで、この電車に乗る必要があって、仕方なく乗ってるんだよ!と言いたい。
むしろ、体調のことも考えて、できるだけ避けるつもりだが、仕方なく乗ることにしたんだから、お前よりも乗る必要があるかもしれないわ!!!
 
・ひったくりに狙われやすい
妊婦が走れないことにつけこんで、ひったくりに狙われやすいそうです。でも、これって本当なのかなぁ?
環境によると思いますが、ひったくりにあったら、本人よりも周囲の人がダッシュしてくれるイメージ。ドラマとかの見過ぎか?w
まぁ、妊婦だろうとなかろうと、気をつけましょう。
 
・悪意のある攻撃を受ける
妬みやなんらかの理由から、攻撃されることがあるらしい。例えば、お腹をわざとおされたり、蹴られたり、突き飛ばされたり。わざと、タバコの煙をかけられたり。
って、恐ろしすぎる!!
 
一部、妊婦側の被害妄想もあるかもしれませんが、でも本当に酷い目にあってしまった方もいると思うので、悲しい限り。
 
この国にとって、子どもを産むことって、すごく大切なことだと思っています。みんなの未来のためにも、子どもは必要でしょう?
 
っていうか、単純に、妊婦に優しくできない人は、誰にでも優しくできないクズなんだと思う。
もちろん、クズ人間が妊娠して妊婦になることだってあるだろうけどね。
 
ちょっと言い過ぎた?w
 
ということで、いろいろ考えながら、優しさに触れることも、恐ろしさに触れることも、両方想像して、でも臆病だから、マタニティマークをつけられない私でした。《カバンの中につけてます》